2010年07月27日

多様なコンテンツがタイアップ戦略

本項では、特に日本で製作された商業用セル画 セルアニメーションについて解説する。当初は『魔法のナース』なる典型的萌え企画として進行していたが、担当プロデューサーから相談を受けた脚本家の金月龍之介が「アニメグッズショップの王者であるアニメイトがそのような亜流企画でお茶を濁すなど情けない」と正反対の熱血ギャグ路線を提案。販売されるアイテムは、ゲーム内では入手の困難(もしくは不可能)なレアアイテム、ゲーム内の狩りやクエストで入手できるものより性能が高いアイテム、キャラクターの服装などのアバター関連アイテム、経験値獲得効率アップをはじめとした利便性を向上させるアイテムなどがある。初期のアニメは、その作品のために作られた楽曲を初回から最終回まで一貫して使用することが多かったため、アニメソングを特定することが比較的容易であったが、現代では多様なコンテンツが複雑に絡み合う商業展開や、1980年代に始まったタイアップ戦略などによって、その概念が非常に曖昧なものになっている。







顔や手足の「むくみ」を解消する方法を紹介

スキューバダイビングは日本ならやっぱり沖縄!

闘う人の糖尿病入院や保険のこと

胎盤の蛋白質ホルモン、プラセンタについて

自然葬と海洋散骨に憧れます


posted by ヤマダ at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。