2010年07月26日

長所と短所をすべて考慮し決定を行うこと

(日本国内では)1990年代以降、社会の仕組みが、インターネットなどのコンピュータ・ネットワーク(情報技術)を当然のものとするようになるにつれ、パソコンなどの情報機器の操作に習熟していないことや、情報機器そのものを持っていないことは、社会的に大きな不利として働くようになった。むしろ課題によっては、コンピュータを含めいかなる情報手段も利用しないほうが適切に指導が行える場合もある。トレードオフのある状況では具体的な選択肢の長所と短所をすべて考慮したうえで決定を行うことが求められる。情報分配を促進するために基礎を成している仕組みを作成することにおいて、マイクロソフトはその影響に基づいて世界中で最も大きい会社の1つになった。特に敵対、友好関係に限らず他国の情勢など対外組織の内部事情に関する情報などは基本的に入手が極めて難しく、専門的な手段が必要となる。日本での正式名称は ISO/IEC 15408 の規格名に由来する「情報技術セキュリティ評価基準」であるが、英語の通称のまま「コモンクライテリア」あるいは CC と呼ばれることが多い。






軒並み高騰する大都市の地価、分譲住宅の買い方

サラリーマンでも一戸建てに住める!

市街地と比較したベッドタウンの暮らしやすさ

手元供養の正しい方法と広まった背景

自分自身の葬儀について考える


posted by ヤマダ at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。